通常型

let data = { a: 1, b: 2, c: 3, d: 4 };
_(data).values().some((val) => _.eq(val, -1)); // => false
data = { a: 1, b: 2, c: 3, d: -1 };
_(data).values().some((val) => _.eq(val, -1)); // => true

curryを使ったやつ

let data = { a: 1, b: 2, c: 3, d: 4 };
_(data).values().some(_.curry(_.eq)(-1)); // => false
data = { a: 1, b: 2, c: 3, d: -1 };
_(data).values().some(_.curry(_.eq)(-1)); // => true

引数名とかちょっと思いつかないとか、スコープ外で同名があり使うの躊躇するって時に良さそうな感じ
この例だとlodashだったが他の言語でもカリーを使った方が思考のリソースを浪費しないで済むので試しに使ってみるのはどうだろうか

ただの独り言
~ 物事を後回ししたがるか脳死してる人向け ~